くまトリップ

役に立つ旅行情報とテニス情報を発信

MENU

硬式テニス部に入るときに必要なものは?費用の目安も解説!【完全版】

テニスは日本でも人気の高いスポーツで、老若男女問わず楽しむことができます。

しかし、テニス用品は意外と金がかかるもの…

新しく道具をそろえるとなると、何が必要でどの程度の費用となるのでしょうか?

 

この記事では、

テニス部に入る人が準備すべき道具と費用の目安

を紹介します

中学や高校でテニスを始める方の参考になれば幸いです。

 

この記事を紹介する筆者

テニス歴9年、テニスコーチ歴4年。テニスは高校から始めました。大学~コーチをしながら300本以上のガットを張ってきました。現在はコーチをしながら草トーに参加したりと、緩くテニスを楽しんでます。

 

 

はじめに

この記事で紹介するものはテニスを始める上で最低限必要なアイテムです。ただし学校によっては色やメーカーに指定があったり、ユニフォームを揃える等の規則があることもあります。購入する前に部活で聞いておくとよいでしょう。

 

①ラケット:相場15000~30000円

硬式ラケットの相場は約2万円強です。最新モデルとなると30000円に近いものもありますが、型落ち品や人気の高い商品は2万円弱で買えることも多いです。ラケットはテニスを習得する上で最も重要なグッズなので、個人的にはしっかりしたものを買うことをお勧めします。

 

1万円以下のラケットもありますが、素材に耐久性に乏しいアルミニウムを使用しているものや、十分な重さがないものなど、長く使うことができない粗悪なものが多くあります。性能が不十分なラケットを使っていると、正しい打ち方を学ぶ妨げになることもあるので注意が必要です。

 

「予備のラケットは必要?」という質問もよくされますが、始める段階では一本で十分です。中上級者になると同じラケットを2~3本揃えて、試合中にストリングが切れても問題ないように備える方が多いですが、初心者の段階では不要です(お金もかかりますし…)

オススメのラケットは?

こちら初心者~中上級者まで幅広いレベルで使われる各メーカーの人気ラケットを紹介しています。最初のラケットを1~2年程度長く使いたい方にオススメです。

 

なるべく安くていいラケットはないの?

「最初は安いので様子見したい」、「ちょっとやってみてからいいラケットを選びたい」という人にオススメの、安くて高品質なラケットを紹介しています


安く買う方法は?

筆者のおすすめはオンラインショッピングです。楽天やAmazonで購入すると、1万円程度安く買うこともできます。ラケットのスペックやおすすめポイントを解説しているページが多く、実際の使用者の口コミを知れる場合もあるのでわかりやすいです。

店頭で実際に見ながら決めたい!という方もいると思いますが、あまり多くの割引が見込めない他、試打できるわけでもないので、正直店頭で見ても何もわからないです

 
リンク

 

②ガット(ストリング):相場1000円~3000円

①で購入したラケットというのは、フレームだけのことが多いです。テニスをする上では、ボールを打つ部分に相当する糸(ガット)をフレームに取り付ける必要があります。一回分のガットの相場1000円~3000円に加え、お店でガット張りを依頼する場合は追加で1000~2000円程度のガット張り手数料を払う必要があります。

 

ガットはテニスボールと接する部分であることから、プレーに大きな影響を与えます。打感(ボールを打つ時の硬さ、柔らかさ)、スピン性能(ボールに回転をかけやすいか)、耐久性(どれだけ長く使えるか)等が異なるため、自分のプレーに合ったガット選びをすることが重要です。

 

オススメのガットは?

初心者でも使いやすい各テニスメーカーの人気ガットを紹介しています。最初のガット選びで失敗したくない方、安くてそこそこいいものを選びたい方にオススメです。


なるべく安くていいガットはないの?

「最初は安いので様子見したい」「変なのじゃなければなんでもいい」という人にオススメのコスパ最強ガットを紹介しています

 

安く買う方法は?

オンラインショッピングも店頭購入でもどちらにもメリットがあります。オンラインで購入する場合は、店頭で購入するより大きな割引を受けられることが多いです。店頭で購入する場合は値段は高いですが、その後のガット張り手数料が割引されることが多いです。結果プラマイゼロに近いと思うので、個人的にはラケットを買うときと同じ方法で購入することをお勧めします

 

ちなみに筆者のイチオシはポリツアープロ(YONEX)です。日本で最も有名なガットの一つであり、学生から上級者まで愛用者が多いです。すっきりとした弾きの良さと高いコントロール性能から、初心者に最適です。

 

③テニスシューズ:相場3000~13000円

テニスシューズ選びで注意したいのは、使用するコートによって種類が違うという事です。2種類あり、オムニ・クレーコート用、オールコート用に分かれています。オムニ・クレーとは、オムニコート(人工芝)や土のコート専用のシューズです。オールコート用はカーペット(インドアコートに多い)やハードコート(アスファルト)用のシューズです。テニスをすることになる環境を確認してシューズを選びましょう。

 

オススメの購入方法は?

オンラインショッピングも店頭購入でもどちらにもメリットがあります。オンラインで購入する場合は、店頭で購入するより大きな割引を受けられることが多く、50%以上割引されていることもよくあります。オンラインだと店頭で扱っていない型落ち品や在庫処分品が多いのも特徴です(正直型落ちも最新もあまり違いがないので安いのを買うのがおすすめです)。店頭購入では試着できるという強みがあります。割引や商品取り扱い数は少ないです。

 

ちなみに筆者のおすすめはPOWERCUSION(YONEX)です。軽量で動きやすいことに加え、しっかりとグリップが効くことからコート上のフットワークをサポートしてくれます。もう7年以上同じシリーズを使用しています。

 

④テニスウェア

練習にはテニス用の服装が必要です。といっても正直動ければなんでもいいです。テニススクールにしても、サッカー用の服装やジャージの方も多いです。

失敗したくない人は有名なテニスメーカーであるヨネックス、ウィルソン、ヘッド、最近人気のニューバランスなどがおすすめです。

一般的なテニスの服装はこんな感じ。

引用:メンズテニスウェアのかっこいいコーデで夏のテニスを楽しもう

 

 

 

あるとよいもの

①練習用のテニスボール

テニススクールやテニス部で練習するならともかく、友人と練習する時や自主練習するときには自分でテニスボールを用意する必要があります。ネットで買ってもスポーツ店で買っても大きな違いはないので好きな方法で購入してください。

 

②帽子・サンバイザー

テニスは全力ダッシュを繰り返す想像以上にハードなスポーツです。暑い日や夏には熱中症になることも多くあるため、屋外でテニスをする方は帽子やサンバイザーを用意することをお勧めします。

 

 

【まとめ】テニスを始めるときは4つの道具を揃えよう

今回はテニスを始めるときに必要な4つの道具を紹介しました

必要な道具4選

①テニスラケット:1万5千円以上のものを選ぶのが安全。

②ガット(ストリング):1000円から3000円。

③テニスシューズ:オムニクレーとオールコートに注意

④テニスウェア:何でもよい

 

 

【参考】おすすめラケット情報

近年ラケットの性能はどんどん上がっています。様々な特徴を持ったラケットがありますので、この機会に自分のテニススタイルに合ったラケットを捜してみてはいかがでしょうか

人気記事はこちら 

 

【参考】おすすめガット情報

ガットもラケット以上にプレーに影響を与えるテニスアイテムです。

こちらではプレーをサポートするオススメガットを紹介しています

自分のプレースタイルに合ったガットを探している方は見てみてください。

人気記事はこちら 

 

【参考】草トー情報

テニス道具を揃えたら腕試しはいかがでしょうか?

こちらから各地域の草トー情報を確認できます。

特定の時期しか草トーがない地域もあるので、応募時期を逃さないようにしましょう

人気記事はこちら