くまトリップ

役に立つ旅行情報とテニス情報を発信

MENU

YONEXテニスラケットの選び方や特徴を徹底比較!|2022年最新

このブログではオススメ商品を紹介することがあります。最安値の商品に飛ぶリンクを表示させる場合はAdblockを一次的にOFFにしてください

自分に合ったラケット選びはテニスのレベルを左右する大事な要素です。

しかし、テニス用品は意外と金がかかるもの…

少しでも安く、よい製品を探している方も多いのではないでしょうか

 

この記事では、

YONEXテニスラケット3種の特徴や選び方

を紹介します

 

 

この記事を紹介する筆者

テニス歴9年、テニスコーチ歴4年。大学~コーチをしながら300本以上のガットを張ってきました。現在はコーチをしながら草トーに参加したりと、緩くテニスを楽しんでます。

 

 

 

ヨネックスの人気ラケットは?

ヨネックスは日本を代表するテニスメーカーです。大阪なおみ選手をはじめとした様々なトッププロも愛用しており、国内でもかなりの人気があります。

今回の記事では、ヨネックスのメイン商品である3つのラケットの特徴を比較・紹介します。

ヨネックスの人気ラケット!

①EZONE(イーゾーン)

②VcorePro(Vコアプロ)

③Vcore(Vコア)

①EZONE(左)、②VcorePro(中)、③Vcore(右)

 

YONEXラケットの共通点

①スクエアタイプのフェイス

ファイスに独自の「アイソメトリックス構造」を採用しており、長方形のような形をしています。縦に広いスイートスポットを持っていることから、多少芯をはずしても中心に当たったような打球を打つことができます。

アイソメトリック構造(YONEX公式より引用)



②高威力のスピンがかけやすい

ヨネックスのラケットはWilsonやHeadといった海外メーカーに比べてラケットのしなりが大きい印象があります。そのためボールをつぶした強烈なスピンをかけることができ、パワーのあるストロークを打ちやすくなります。主観となりますが、ヨネックスラケットを愛用している人は、ボレーやサーブよりストロークに強みを持ったプレーヤーが多い気がします。一方で、フレームの頑丈さやブレなさを意識するのであれば海外メーカーの方がおすすめです。

 

 

それでは、各ラケットの特徴を紹介します

①EZONE(YONEX)の特徴

ヨネックスの人気ラケット、EZONEは初心者~中級者にも扱いやすいモデルです。重さ300g、面サイズ100inchという硬式テニスラケットの中のゴールデンスペックと呼ばれるほどバランスのとれた作りになっています。

フレーム形状には、独自の「アイソメトリックス構造」を採用することで縦横のストリングスの長さが均等に近づき、スイートスポットを拡大します。シャフトは肉厚な凸型構造を採用することで高い剛性を実現し、スピードボールを安定して打つことができます。

 

広いスイートスポットと高い反発力から、フラットドライブ系の低く鋭いショットが打ちやすいのが特徴です。大人だけでなく学生からも人気もラケットです!

スペック
重さ[g] 300
面の大きさ[inch] 100
フレーム厚 厚ラケ
ストリングパターン 16x19
評価
打球の飛ばしやすさ 9.5/10
打球感の柔らかさ 8.0/10
スピン性能 5.0/10
安定性 5.0/10
有名プロ

大阪なおみ、ニック・キリオス、国枝慎吾、カスパー・ルード

大阪なおみ(左)とニック・キリオス(右)

 

②Vcore Pro(YONEX)の特徴

</>

YONEXで長年人気となっているVコアシリーズの中でも、特に人気があるのがVコアプロ。EZONEほど飛びやすさがない分、パワーヒッターにとってはアウトしにくく、自分の力でボールを飛ばすことができます。

スイートスポットを拡大する「アイソメトリックス構造」をフレームに採用していることに加え、フレーム側面厚を従来より厚くすることで面安定性を向上させています。また、YONEX史上最長のシャフト長により強靭なしなりを実現します。

 

高いしなり性能と面安定性から、ボールをぐっとつかむようなショットが打てることが特徴です。ボールをつぶすことで、精密かつパワフルなストロークを打ちたい方にオススメ!Vcoreに比べてボールをつぶしやすく、若干もっちりしたような柔らかい打感になります。

 

スペック
重さ[g] 300
面の大きさ[inch] 100
フレーム厚 中厚
ストリングパターン 16x19
評価
打球の飛ばしやすさ 5.0/10
打球感の柔らかさ 8.0/10
スピン性能 8.0/10
安定性 7.0/10
有名プロ

スタン・ワウリンカ、H・フルカチュ、D・ヤストレムスカ

スタンワウリンカ(左)とH・フルカチュ(右)

 

③Vcore tour 100(Yonex)の特徴

高い軌道から、相手の手元で急激に落ちて沈む「跳弾道スピン」をテーマに開発されたVコアツアー。

フレーム正面厚を減らす最薄設計と、フレームトップ部のグロメットを内側に隠す「Aero Tech」により、空気抵抗を限界まで小さくしたモデル。従来モデルよりヘッドスピードが向上し、強く鋭いスイングが可能になっています。

強く跳ね上がるストロークで相手を圧倒したい方にオススメとなっています。パワーのある学生や、中~上級者におすすめの一本です!VcoreProに比べて打感は硬めですが振りぬきやすく、より強烈なヘビースピンを打つことができます。

スペック
重さ[g] 300
面の大きさ[inch] 100
フレーム厚 中厚
ストリングパターン 16x19
評価
打球の飛ばしやすさ 7.5/10
打球感の柔らかさ 6.0/10
スピン性能 9.0/10
安定性 7.0/10
有名プロ

デニス・シャポバロフ、アンジェリク・ケルパー、西岡良仁

デニス・シャポバロフ(左)と西岡良仁(右)

 

 

【まとめ】ヨネックスのラケットは特にストローカーにオススメ!

今回は3種類のラケットを紹介しました。ラケット選びの参考になれば幸いです。

YONEXラケットの選び方! 

①EZONE(イーゾーン)→反発力が高く、低く鋭いフラットドライブを打ちやすい

②VcorePro(Vコアプロ)→柔らかな打感で面も安定。強烈なスピンを打ちやすい

③Vcore(Vコア)→硬めの打感。振りぬきやすく、最も強烈なスピンがかかる。

 

 

【参考】おすすめラケット情報

近年ラケットの性能はどんどん上がっています。様々な特徴を持ったラケットがありますので、この機会に自分のテニススタイルに合ったラケットを捜してみてはいかがでしょうか

人気記事はこちら 

 

【参考】おすすめガット情報

ガットもラケット以上にプレーに影響を与えるテニスアイテムです。

こちらではプレーをサポートするオススメガットを紹介しています

自分のプレースタイルに合ったガットを探している方は見てみてください。

人気記事はこちら 

 

【参考】草トー情報

テニス道具を揃えたら腕試しはいかがでしょうか?

こちらから各地域の草トー情報を確認できます。

特定の時期しか草トーがない地域もあるので、応募時期を逃さないようにしましょう

人気記事はこちら