クマの旅行日記

旅行やテニス、留学情報を気ままに発信

MENU

【2021年最新】トビタテ留学Japan大学生コースの倍率推移まとめ!【1~14期】


スポンサードリンク

f:id:yasunari7373:20210919010248p:plain

トビタテ留学Japan!大学生コースの倍率推移

を1期から14期までまとめました

 

 

こんな記事も上げていますので、良ければどうぞ。

 

 

トビタテ留学JAPAN(大学、大学院生コース)全体の倍率

 

f:id:yasunari7373:20210919002817p:plain


全体の倍率の平均は3.3倍でした。

第1期では応募者数が多かったことから倍率が高くなった一方、

コロナ禍の影響を受けた12~14期では倍率が2.2倍と低くなりました。

14期では当初の合格予定者数400人より44人多い444人が合格者となりました。

 

理系、複合・融合人材系コース

 

f:id:yasunari7373:20210919003055p:plain

理系、複合融合人材系コースの平均倍率は、2.4倍でした。

コロナ下での募集となった12~14期は最も倍率が低く、狙い目だったといえます。

14期の合格者数182人は当初の合格予定者数180人とほぼ同じでした。

 

 

次に、理系、複合・融合人材コースと未来テクノロジーコースの

それぞれの倍率を見ていきます。
 

 

理系、複合・融合人材系コース

 

f:id:yasunari7373:20210919003600p:plain



未来テクノロジー人材枠を除いた理系、複合・融合人材コースの倍率です。

平均倍率は2.4倍でした。

13期は応募者数が公開されていないため、のぞいてあります。

 

未来テクノロジー人材コース

 

f:id:yasunari7373:20210919003828p:plain



理系、複合・融合人材コースを除いた、未来テクノロジー人材枠の倍率です。

平均倍率は1.5倍と、応募コースの中でも狙い目の倍率でした。

13期は応募者数が公開されていないため、除いています

 

 

新興国コース

 

f:id:yasunari7373:20210919004038p:plain



新興国コースの平均倍率は3.4倍と、

平均的な倍率となりました。

10期以降では、倍率が3倍を切ることも多かったようです。

 

 

世界トップレベルコース

 

f:id:yasunari7373:20210919004326p:plain

 

世界トップレベルコースの平均倍率は3.3倍と平均的でしたが、

奇数期の募集では合格者数が多いという特徴的な傾向を持っていました。

秋学期が多い海外大学への留学を考えた結果でしょうか。

14期の募集では、当初の合格予定数80人を下回る43人のみが合格となりました。

 

多様性人材コース

 

f:id:yasunari7373:20210919004800p:plain

 

多様性コースの平均倍率は5.4倍と全体に比べて高い値となりました。

特に14期では、当初の合格予定者数80人を大きく超える132人を合格にしたこともあり、倍率が落ち込みました。

 

 

まとめ

・倍率は期が進むにつれ低くなってる

・コロナ禍の募集となった12~14期では倍率が落ち込んだ

では今回は以上です。

 

 

👇ぽちっとお願いします! 感想、コメントもお待ちしています!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

関連記事!