くまトリップ

役に立つ旅行情報とテニス情報を発信

MENU

【2024】ノースフェイスのクラシックカンガ2を徹底レビュー|容量や機能性は?

人気ブランドTHE NORTH FACEのCLASSIC KANGA2(クラシックカンガ2)はタウンユースからちょっとした旅行まであらゆる場面で使える定番ボディバックです。

この記事では、クラシックカンガ2の機能を徹底レビューします

 

ノースフェイスのバックを7種類以上持っている筆者が紹介します!

 

 

筆者のおすすめ度

機能 ★★★★
デザイン ★★★★
汎用性 ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

シーンを問わず大活躍するオールマイティさが特徴です。

飽きの来ないデザインと使いやすい大容量が特徴で、使いやすいボディバックです!!

 

購入した背景

このバックを選ぶにあたって自分が重視したのは以下の点です。

①大容量

筆者は5Lのボディバックを所持していたのですが、500mlペットボトルやモバイルバッテリー、長財布などを入れるとパンパンになってしまいストレスでした。もう少しサイズが大きいものを探していた時にこのバックを見つけました。

②見た目

色々な場面で使えるシンプルなボディバックを探していました。このボディバックは形状からロゴまでなるべくシンプルに作られている点が気に入りました。

 

クラシックカンガ2(NM82182A)のスペック

・寸法:約17 x 28 x 10cm(タテ x ヨコ x 奥行)

・容量:約8.0L

・素材:450Dリップストップポリエステル、900Dポリエステル

 

他のボディバックと比べると大きめで、散歩やお出かけに適した容量です。

素材はポリエステルを採用しており、汚れに強く耐久性も高いのが特徴です

 

デザインを紹介

シンプルで飽きの来ないモノクロデザイン

黒をメインとした落ち着いた見た目で、軽いハイキングなどアウトドア場面でもシティーユースでも使えるウエストバックです。

光沢のある黒素地に対して、白地のブランドロゴとCLASSIC KANGA2の文字が映えます。シンプルながらもセンスの良いデザインとなっています。

正面デザイン

背面デザイン

背面はシンプルな無地です。メッシュ素材やポケットなどを付けないあたり、シンプル特化のコンセプトであることが伝わってきます。

背面デザイン

 

収納を紹介

メインコンパートメント

一番大きなファスナーを開けるとメイン収納部分です。500ミリのペットボトル4本が楽々入るほどの大容量です。縦方向も高さがあり、長財布がギリギリ縦で入るほどです。

かなり大きく感じると思いますが、生地は薄めなので、入れる荷物が少ないときは勝手にスペースが潰れて小さくなります。

メインコンパートメント

 

フロントポケット

フロントポケットは長財布が丁度入る程度のサイズ感です。奥行きも若干あり、長財布に加えて薄型のモバイルバッテリーや名刺入れ等が収納可能です。

フロントポケット

 

サイドポケット

左右両サイドには飲み物などが収納可能なメッシュポケットがあります。今回は350mlの缶を収納しましたが丁度いいフィット感です。500mlペットボトルも入りますが、バランスが悪くなるため、メインコンパートメントに入れることが多いです。

サイドポケット

 

おすすめポイント

サブバックとして持ち運びやすい、圧倒的薄さ

このバックのおすすめポイントは使わないときに厚みがほぼ0になることです。これが旅行や出張の時に重宝します。使うときは8Lの大容量で、使わないときはメインバックに収納しておけるので、かゆいところに手が届きます。

普段使いだけでなく旅行でも使いたい方にオススメです。

中身を入れないとき

薄いのでメインバックに収納して持ち運べる

 

注意点

サイズ感に注意

クラシックカンガは8Lの大容量なので、人によっては大きく感じると思います。荷物を入れる量を調整することで存在感を調整することもできますが、購入する際はサイズ感をイメージしておくことをお勧めします。

サイズ感を乗せておくので、購入する際の参考にしてください。

クラシックカンガ着用イメージ

ファスナーを開けるのにひと手間

クラシックカンガは水の侵入を防ぐために、ファスナー部を覆うようにカバーがついています。アウトドアや散歩中の急な雨には安心ですが、普段使いをするときはファスナーが若干開けにくいので注意が必要です。

雨の侵入を防ぐカバー

 

容量を検証

8Lという大容量のイメージがつきにくいと思うので、せっかくなので容量を検証してみます。

今回収納するのは以下の通りです。(ビジネス本2冊、長財布、眼鏡ケース、モバイルバッテリー、筆箱、折り畳み傘、350ml缶、イヤホン)

収納の様子がこちら。厚さのあるビジネス本が二冊丁度入ります。空いたスペースには折り畳み傘や筆箱、眼鏡ケースなどを入れます。

長財布やモバイルバッテリー、イヤホンなどの薄いものはフロントポケットに収納。350ml缶はサイドポケットに収納します。

 

このようにぴったり入りました。驚異の収納力です。

これまで入れるのを諦めていた本や小物も一通り入れられるため、荷物を厳選するストレスがないのがポイントです。

 

 

購入方法

現在クラシックカンガ2は楽天・アマゾンで取り扱いがあります。

公式で買うよりも安く買えることが多く、実際のレビューを確認することができるので

コスパ良く買うなら楽天・アマゾンがおすすめです。

 

まとめ:クラシックカンガ2はどんな場面でも活躍するサブバック

クラシックカンガ2はシンプルなデザインとあらゆる場面で使えるサイズ感が特徴のボディバックです。筆者も1年以上使っていますが大変満足しており、自信を持ってお勧めできます。旅行のサブバックとして使うのもオススメです!

 

【こちらもオススメ】デイリーユースにオススメなMantis26

より大容量なバックパックを求めるなら、アークテリクスの定番バックパック「Mantis26」がおすすめです。

 

【こちらもおすすめ】がっつりビジネス寄りならローマ―デイ

よりビジネスを重視するならよりローマ―デイがおすすめです。本革を採用したシックなデザインが特徴です。

 

【こちらもおすすめ】ビジネス寄りなミニマリストならデイパックスリム

ビジネス寄りの中でも、最低限の容量を求める方にはシャトルデイパックスリムがおすすめです。15.5Lの低容量で、ノートPCやタブレット、書類の運搬に特化しています。

 

【こちらもおすすめ】「ビジネス:普段使い=6:4」ならシャトルデイパック

ビジネス寄りかつ、普段使いも重視するならシャトルデイパックがおすすめです。汎用性が特徴で筆者の一番のお気に入りです。

 

【こちらもおすすめ】「ビジネス:普段使い=4:6」ならヴォルト

もう少しカジュアルに使うならボルトがおすすめです。大きく開く大容量コンパートメントが特徴で、かさばる荷物を楽に出し入れできます。

 

【こちらもおすすめ】アウトドアと普段使いの両立ならホットショット

よりカジュアルに使うならホットショットがおすすめです。ノースフェイスらしいアウトドアなデザイン・機能が特徴です。

 

【こちらもおすすめ】がっつりアウトドア向けならテルス

長期の旅行や登山などのアウトドアアクティビティであればノースフェイスのテルスがおすすめです。45Lの大容量と重さを感じにくくする様々な機能がおすすめです。

 

では今回はここまで。