クマの旅行日記@1年で穴場観光地100個紹介

コロナ後行きたい穴場スポット、紹介します!

MENU

「捕まらない」回避!驚くほど車が止まるヒッチハイクのコツ4選


スポンサードリンク

f:id:yasunari7373:20210524224905p:plain

 

こんにちは!大学生ヒッチハイカーのクマです。
茨城⇔三重、四国、東北などでヒッチハイク旅をしました。

 

今日の記事は

驚くほど車が止まる、ヒッチハイクのコツ4選です

30台以上の車に乗せてもらった筆者が、厳選テクニックを紹介します!

 

 

今回はヒッチハイクの基本、

道路で車を捕まえるシチュエーション

を想定して解説します。

 

筆者的には、SAやPAからのスタートがおすすめなので、詳しく知りたい方はこちらの記事を見てみて下さい。

 

 

 

押さえておくべき、ヒッチハイクの原則!

最も大切なのは、【乗せたいと思わせること】です。

当たり前ですよね笑

しかし、実際はヒッチハイカーが思っている以上に、これを達成するのは難しいんです。

なぜなら、車に乗せてもらうためには、以下の3つを満たさないといけないからです。

 

不安の解消(「危なくないか?」「乗せて楽しいか?」など)

目的の一致(「目的地はどこ?」「何時までに行けばいい?」など)

駐車地があること(「乗せてもいいけど停められる場所は?」)

 

この記事では、これらを満たすためのテクニックを5つ紹介します

 

 

 

 

①スケッチブックに書く文字は最大限大きく!


遠くからでも見やすいような大きい文字を描きましょう。

また、3回くらいなぞって、太字にしましょう。

余裕があったら赤マジックで色を入れましょう。

 

ここまでする理由は、車からスケッチブックを見ると全然見えないからです

筆者は試しに50m離れたところにスケッチブックを置いて、見えるか実験しましたが、全然見えなかったです。

運転手は目的地が見えないと、検討することもできないので、なるべく遠くから見えるように大きく書くことが大切です。

遠くからでもわかるようにすることで、運転手さんに考える時間を与えられるので、成功率は大きく変わってきます!

 

 

f:id:yasunari7373:20210524223123j:plain

 

②気を引く動きでとことん目立つ!

運転手に検討してもらうためには、とことん目立つ必要があります!

おっと、恥ずかしがってはいけませんよ。

ヒッチハイカーであることをアピールしないと、普通に気付いてもらえないです。

 

 

ここでは筆者が使っている技を4つ紹介します

・車の移動に合わせて体の向きとスケッチブックの向きを変える(一人の運転手に向かってずっとアピールするイメージ!)

・運転手とアイコンタクトする(顔が見えなくても、顔のある位置をのぞき込む)

・スケッチブックを頭上に掲げる

・スケッチブックを左右上下に振る

 


まずは気に留められるとが大事です!

最初は恥ずかしいかもしれませんが、どんどん目立っていきましょう!!

もちろん、これらはただの一例ですので、自分で思いついた方法をどんどん試すことも忘れないでください!

 

 

 

③清潔感と笑顔をアピール!


ポイントは、「この子を乗せたら面白そう」って思わせることです
要は自分が変な人間じゃないこと、魅力的な人間だという事をアピールすることです!

 

 

押さえておきたいポイントは以下の4つです
・運転手にアイコンタクトする

笑顔で楽しそうにしている

清潔感のある服装、装備

・なるべく辛そうな感じを出さない

 

 

筆者の体験として、道の横に座りながらうつむいているヒッチハイカーさんを見かけたことがあります。見ていてかわいそうだとは思いましたが、そんな方を乗せたいとは思わないな、と感じました。

疲れていようが、相手にはそれを気づかせないつもりで,

元気さをアピールした方が、早く車を捕まえることができると思います!

 

 f:id:yasunari7373:20210524222947j:plain

 

④車が停車しやすい所で待機!

ポイントは【運転手と話す時間を作る】ことです。

運転手さんは、どこまでいきたいか、危ない奴じゃないかなど、いろいろ聞きたいことがあります。

そんな誤解を解くために重要なのが、「会話」です。

「どこにいくの?」などの会話は載せてもらうためのチャンスですが、

ここで余裕をもって会話をするためには、停車しても危なくない場所で会話する必要があります!

 

 

具体的には、以下の場所の前方50m以内に待機することが大切です!

  • コンビニ
  • 信号
  • 車の半分以上が入れるような広い路肩

常に車目線になって、停車しやすいかどうかを考える癖をつけましょう!

 

 

また、自分の立っている位置がSA,PAであれば、トイレの前がおすすめです!

休憩に降りてきた人が必ず通る場所なので、ここに立っていると行きと帰りで3回すれ違えます。このときに2回とも会釈するだけで、相手から話しかけてもらえる確率が大幅に上がります!

ちなみにこの知識は、SAの清掃員の方から直接教わったテクニックです笑

 

 

 

まとめ

この記事では以下の4つのテクニックを紹介しました!

 

  • スケッチブックはなるべく大きい文字で!
  • 気を引く動きで最大限目立つ!
  • 清潔感と笑顔をアピール!
  • 車が停車しやすい場所で待機!

 

最初は恥ずかしいですが、だんだん慣れていくので是非自分なりのヒッチハイクを見つけてください!

 

 

👇ぽちっとお願いします! 感想、コメントもお待ちしています!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村