クマの旅行日記@1年で穴場観光地100個紹介

コロナ後行きたい穴場スポット、紹介します!

MENU

男女二人、四国でヒッチハイクする【香川~高知①】


スポンサードリンク

 

f:id:yasunari7373:20210609014828p:plain

なんと今回は女の子の旅行友達とヒッチハイクをした体験談の紹介です。

留学先で出会った子で、ヒッチハイクがしたいというので

ヒッチハイク経験者の自分がお手伝いしました(笑)

 

「ヒッチハイクしたいけど女の子一人だと怖くて、、」

っていう人、意外と多かったりするんですかね~

 

旅の目的は「ヒッチハイクで四国一周」でしたが、

2泊三日のタイトスケジュールだったので、

ところどころ公共交通機関に頼っています(笑)

 

 

 

1日目昼 さぬきうどん めりけんや@高松市

今回は四国ヒッチハイクですが、出身は二人とも別のところなので、

高松駅で現地集合です。

駅前から一番近いうどん屋さんで合流!

f:id:yasunari7373:20210609002724p:plain

香川のうどんを初めて食べましたが、関東とはだいぶ味付けが違いますね!

f:id:yasunari7373:20210609002506p:plain


わかめうどん 大盛

昆布のだしがおいしかったです!

大盛なのにつるつるっと食べれちゃいました(#^^#)

 

高松市→木太町

ここから今日の宿がある三豊市を目指します。

距離は40km程度とまあまあです。

ちょこっと遠出する車を見つける必要がありますね

僕は駅前でのヒッチハイクは難しいと思っているので、

乗せてもらいやすい所に移動します。

 

 ヒッチハイクが成功しやすい場所の特徴は👇でまとめています

関連記事!

【ヒッチハイク】スタート地点の選び方を徹底解説【2021年度版】 - クマの旅行日記@1年で穴場観光地100個紹介

【ヒッチハイク】スタート地点として避けるべき所4選【2021年度版】 - クマの旅行日記@1年で穴場観光地100個紹介

 

 

狙ったのは、木太町です。

高松市の東に位置する讃岐市から三豊市に

移動するときに必ず通る主要な道路です

(主要な道路はグーグルマップで目星をつけます)

地元民が遠出するときに通る道を狙うのは定石ですね!

f:id:yasunari7373:20210609011550j:plain

 

木太町への移動は早速公共交通機関に頼ります笑

電車「ことでん」にのります。

f:id:yasunari7373:20210609002643p:plain

デザインがかわいらしくて、昔懐かしい感じです

f:id:yasunari7373:20210609002705p:plain

 

電車を降りてからは徒歩で移動します。

田んぼ道や路地裏を通っていきます。

だいぶ田舎ですね~

 

f:id:yasunari7373:20210609010800p:plain

ヒッチハイカーは泥臭く徒歩移動することも多いです。

観光客が絶対通らないような道を楽しんで通れる人

が向いてるかもしれませんね 

 

 

木太町→三豊市

はい、木太町に到着です。

思惑通り、片側二車線くらいの大きな道路で、交通量も申し分ありません!

 

スケッチブックを掲げる場所は、信号前でコンビニがあるところにします。

信号待ちの車にアピールできるだけじゃなく

車が駐車するときにコンビニの駐車場を利用できる良い立地です。

 

ドキドキしながらスケッチブックを掲げます。

ヒッチハイカーは目立ってなんぼなので大きく書きます!

でも今回は二人でヒッチハイクしてるので、もともとかなり目立ちます笑

 f:id:yasunari7373:20210609011006p:plain

 

なんと一台目は、、

5分でつかまりました!!

乗せてくれたのは、地元の大学に通う女子大生二人組!

今まで女子大生に乗せてもらったことはありませんでした。

まさかヒッチハイクをしていて、

車内3/4が女性になる日が来るとは思ってませんでした

(男女でヒッチハイクすると、乗せてくれる人も変わるんですね!!)

 

 

運転手さんたちが行きたかったのは丸亀市だったらしいのですが、

遠回りして送ってくれました。

ほんとに感謝です!!

f:id:yasunari7373:20210609010814p:plain

 

三豊市 ゲストハウス BED N CHILL 七宝屋

今回のお宿に選んだのはBED N CHILL 七宝屋です。

できて一年?二年?の新築で、一泊3000円程度!!

こんなきれいなゲストハウスは初めてです!笑

コスパ最高でした!!

 f:id:yasunari7373:20210609003417p:plain

 

 

寝る場所はカーテンで仕切られた二段ベッドです。

清潔感があり、安心して寝れます

f:id:yasunari7373:20210609010852p:plain

 

僕たちが宿泊した時には、他のお客さんは2人いて

一緒に共用スペースでおしゃべりしたりしました。

 

店主さんもめちゃめちゃ親切かつおせっかいで、

近くのおいしいご飯や有名観光地へのアクセスを教えてくれました!

 

夕ご飯 骨付きどり一鶴 

店主さんにオススメされたお店に行ってみます!

香川県に来たなら、骨付きどりは食べておけ!!って言われました

 

地元の有名店である「一鶴(いっかく)」へ向かいます。

三豊市にはお店がないので、丸亀市まで電車で向かいます。

一時間に一本しかないローカル線なので、乗り遅れたらおしまいです。 

f:id:yasunari7373:20210609003611p:plain

 

一鶴 丸亀店につきました!

 

骨付きどりは

親鳥(肉が硬く、大人に人気の味付け)

ひな鳥(肉が柔らかく、子供に人気の味付け)

の二種類があります。

 

僕的には親鳥はだいぶスパイシーだったので、

お酒と一緒に食べるなら親鳥、

ごはんとして食べるならひな鳥

がいいと思いました!

f:id:yasunari7373:20210609010742p:plain

 

肉は食べやすいように切ってもらうこともできます。

地元民オススメだけあって、大満足の夕食でした!

 

一日目はゲストハウスに戻って早々に寝ることにしました

明日は浄土ヶ浜に行ってみます

では今回はここまで!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村