くまトリップ

役に立つ旅行情報とテニス情報を発信

MENU

山も街もこれ一足 Tropicfeel キャニオンの正直レビュー!お得なクーポン情報も

 

人気アウトドアブランド

トロピックフィール キャニオンを正直レビュー

を紹介します!

 

実際に使ってみて、ハイキングやキャンプなどのアウトドアが好きな方にオススメできる一足だと感じたので、詳しく紹介します。

 

*こちらの記事は2022年10月に更新しました

 

こちらの記事では、誰でも使えるクーポンコードをまとめています👇

 

Tropicfeel(トロピックフィール)とは?

海外のクラファンで爆発的に人気を得たアウトドアブランドです。

世界で274万ドル(約3億円)もの資金を調達しました。

 

主にトラベル用のシューズやリュックを販売しており、

中でもCanyon(キャニオン)は一番人気のシューズです。

f:id:yasunari7373:20220104042007j:plain

 

「旅行はこれ一足でOK」をテーマにこだわりぬかれたデザインや機能は、

都市部からアウトドアまで幅広く使いたい旅行者にオススメです、

f:id:yasunari7373:20220104041956j:plain

トロピックフィールジャパン公式通販サイトはこちら!!

 

【トロピックフィールの評判を詳しく知りたい方へ】

こちらはトロピックフィールの評判・口コミを分析し、アピールポイントや弱点を紹介しています

 

Canyon(キャニオン)外観

今回は「フレッシュブラック」カラーを紹介します。

ブラックがメインで、淡い薄緑色(と水色の中間)がワンポイントで入ったカラーリングです。普段使いしやすいように落ち着いた色を選びました。

開封時

Tropicfeelの専用のBoxで送られてきます。靴の中には型崩れ防止のボール紙が入っています。

斜めから

斜めからのアングル

ソール部は途中から水色になっていて、横から見たときに映えます。

正面 

正面から

正面から見るとほとんどブラックで、落ち着いた印象です。Tropicfeelのロゴがワンポイントで見えるのがおしゃれです

側面

側面

上のシューズが内側、下のシューズが外側の側面です。外側側面の「Canyon」の黒い文字が格好いいです。

背面

背面
裏面

裏面にもちゃっかり「Tropicfeel」のマークが入ってていいですね。構造としては、山や川でも使えるよう、しっかりと凹凸が入っています。かなりグリップ力が強いです

上から

中敷きも薄緑色でTropicfeelの文字が入っています。



Canyon(キャニオン)使ってみた

実際に使用してみた気付きを紹介していきます

①強い部分と弱い部分のメリハリがすごい

背面からの様子を見るとわかるのですが、足の甲を守る部分はメッシュ素材となっていてかなり薄く設計されています。また、横から見ると内部が透けて見えます。マリンシューズとして使う時の水はけを考えた仕様だとは思いますが、通気性に優れるランニングシューズと比較しても、メッシュの使い方が大胆な印象を受けます。特に秋や冬にバイクや原付に乗る際には、割と風邪を受けてスース―するので注意が必要です。

 

一方アウトカウンター(かかと部分)とトゥ(つま先)は硬めの素材で補強されています。たしかにハイキングをしていると、石につまずくような場面も多いので、つま先が保護されているのは助かります。

「守るところはしっかり補強して、残りの部分は最低限の強度にした」といった印象を受けました。

 

②スニーカーより1回り以上軽い

靴の重さは240gとかなり軽い設計になっています。一般的なシューズの重さが350~400gなので、1回り以上軽く感じます。長時間歩く旅行や、アウトドアアクティビティをする際にはありがたいですね。

ともかく軽くて柔らかいので、カジュアルに履けるのが嬉しい所です。

 

③履き心地がもちもち

足へのフィット感が特徴的だと感じました。

通気性の良いメッシュ生地とゴムのように伸縮する素材を用いていて、マリンシューズのように足にフィットします。公式HPの紹介動画を見ても、かなり伸縮しているのが分かりますね。

フィット機能

実際に裸足で履いてみても、

 

④特徴的なサイズ感

これは欧米の足の骨格が標準となっているからか、足のつま先側は広くて、かかと側は小さく感じます。フィット感が均一じゃないことがちょっと気になりますが、別に問題というほどではないです。靴ひもも、引っ張るだけでサイズを変更できるので簡単にサイズ調節できます。

⑤サイズは1サイズ大きめががおすすめ

もともと海外で製造されていたためか、サイズがEU基準です。

日本のサイズへ換算したものも用意されていますが、この換算表通りに頼むと少しサイズが小さいことが多いそうなので、普段より1サイズ大きめを選ぶのがおすすめです。

筆者は事前に調べていたので、普段27.5を頼むところ28.5(EU44)を注文したらちょうどよかったです(靴下なしで履くとちょっと大きいかも)。

また、サイズが合わなかった場合は、30日間・無料のサイズ交換を行っているようです。

f:id:yasunari7373:20220104042955j:plain

 

 

トロピックフィールジャパン公式通販サイトはこちら!!

 

値段は?

キャニオンは20800円となっています。

しかしこの後紹介するクーポンコードを使うことで全品5%引きになり、割引後価格19810円となります。

 

トロピックフィール製品を安く買う方法は?

誰でも使えるクーポンコードが発行されています。

クーポンコードは【733】です。

全商品5%引きになるので、忘れずに入力しましょう!

 

【使い方】

購入したい商品で【今すぐ購入】をクリックします。

f:id:yasunari7373:20220104041839j:plain

 

購入ページになると、下のようなクーポンコード入力画面が現れるので、こちらで入力してください。

f:id:yasunari7373:20220104041841j:plain

 

クーポンが適用されて、5%引きの金額が表示されればOKです!

f:id:yasunari7373:20220104041829j:plain

トロピックフィールジャパン公式通販サイトはこちら!!

 

詳しくはこちらの記事でまとめています。

 

 

楽天やアマゾンで購入できる?

現在、トロピックフィールジャパンの製品は楽天やアマゾンで取り扱っていません

なので公式HPから購入する必要があります。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

トロピックフィールの他の製品は?

Canyonの他にもCala、Jungleというトラベルシューズを販売しています。

どちらも都市部からアクティビティまで幅広く使える汎用性を持った人気シューズです

こちらの記事では、それぞれの特徴を比較し、自分に合ったシューズの選び方を紹介しています

 

まとめ

この記事ではトロピックフィールの評判・口コミをまとめました。

Canyon口コミまとめ!

長所①軽さ(250g)

長所②フィット感(メッシュ生地+ゴムの伸縮)

長所③履きやすさ(Dual Cusion アウトソール)

短所①サイズが小さい(対応:いつもより一回り大きいものを)

短所②靴擦れする(対応:サイズが違ったら無料サイズ交換を利用する)

では今回はここまで!

トロピックフィールジャパン公式通販サイトはこちら!!