くまトリップ

役に立つ旅行情報とテニス情報を発信

MENU

US全米オープンテニス2022観戦 |チケットの種類、違いを徹底解説

このブログではオススメ商品を紹介することがあります。最安値の商品に飛ぶリンクを表示させる場合はAdblockを一次的にOFFにしてください



今回は

全米オープンのチケットの種類、違い

を紹介します!


アメリカに滞在していたので、現地でUSオープン2022テニスを観戦してきました。

今回は自分がめちゃくちゃ迷った、チケットの選び方、違いを解説します。

 

 

全米オープンとは

全豪オープン、全仏オープン、全英オープンに並ぶ、4大テニス大会(グランドスラム)の一つが全米オープンです。世界中のテニス大会の中でも最もレベルが高いカテゴリであり、良い成績をとることで世界ランキングを大きく押し上げることができます。

 

2014年に錦織圭選手が準優勝、2018年と2020年に大坂なおみ選手が優勝したのもこの全米オープンです。

 

会場は?

アメリカ、ニューヨーク州で開催されます。ニューヨークはアメリカの東海岸側にあります。

 


会場はUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンターといいます。

ニューヨークの中でも最も栄えているマンハッタンとニューヨークを訪れる際によく使われるジョン・F・ケネディ国際空港の間のような位置にあります。

 

会場マップ

会場には4つの主要なコートがあり、大きい順からアーサーアッシュスタジアム、ルイ・アームストロングスタジアム、グランドスタンド、コート17です。同じ時間帯の試合でも有名な選手ほど大きいコートで試合することが多く、それ以外の選手は試合用コートを使います。

エントランスはマップ右上にあり、鉄道から尋ねる人はこのエントランスを使うことになります。

 

スタジアムの様子

アーサーアッシュスタジアムはこちら。キャパシティは2万人以上でとにかくでかい。筆者はデイセッションの一番安い(114ドル)最後席から観戦しました。自由席はなくすべて指定席のため、観戦する場合はアーサーアッシュスタジアムチケットが必要です。いつもテレビで見るようなアングルで見れましたが、コートからはだいぶ遠いのでフットワークや選手の表情は見れませんでした。

アーサーアッシュスタジアム最後席からの景色

ルイ・アームストロングスタジアムは二番目に大きい室内スタジアムコートです。イブニングチケットで100ドルでした。アーサーアッシュより一回り小さいので選手との距離が近いです。自由席もあり、グランドスタンド(ジェネラルアドミッション)チケットがあれば二階席から観戦できます。

ルイ・アームストロングスタジアムのセンター後列からの眺め

グランドスタンドは屋外スタジアムコートです。高さのある席は屋根がついています。ルイ・アームストロングよりちょっと小さいです。すべて自由席となっているため、いい場所で見たい方は早めに行きましょう。

グランドスタンド 自由席2階から

コート17はグランドスタンドより更に小さい屋外コートです。キャパシティは2000人ほど。前の方の席に座ることができたら選手の表情や独り言まで聞こえてきます。試合後は選手との写真撮影やサインもお願いしやすいのが特徴です。

コート17自由席二階最前列から

チケットの種類は?

USオープンには3種類のチケットがあります。

  • アーサーアッシュ スタジアム
  • ルイ・アームストロング スタジアム
  • グラウンドパス(GA:ジェネラルアドミッション)

値段は基本的には上から下にかけて安くなります。デイセッションとイブニングセッションに関しては後述します。

 

各チケットで見ることができる試合を下にまとめています。

自由席は先着順に座れる席で、、アーサーアッシュスタジアム以外に設けられています。グランドスタンドやコート17、試合用コート4~16は自由席のみなので先着順で席を見つけましょう

一番強いチケットがアーサーアッシュで、どの試合でも見ることができます。アーサーアッシュスタジアムには自由席がないため、指定席を取ることになります。前列では400ドル~する一方、最後列だと120ドル程度で購入することもできます。そのほかのコートで行われる試合も自由席で見ることができます。

残りの二つのチケットの違いは、ルイ・アームストロングスタジアムで行われる試合を指定席で見るか自由席で見るかの違いです。1階の指定席を取ると値段は跳ね上がりあますが、二階正面の指定席の値段はグラウンドアドミッションと同じ120~150ドル程度です

各チケットで観戦できる試合

自由席と指定席の位置をを紹介します。自由席と指定席が両方あるのはルイ・アームストロングスタジアムのみなので、下の図の右側で解説しています。指定席であれば一階席を選んで選手を近くから見たり、好きなアングルから見ることができます。自由席は基本的に2階席のコート真後ろ以外が対応しており、席が空いていれば試合中に好きな席に移動することもできます。正直二階真後ろから見るくらいであればグラウンドパスを見て二階の好きな席を転々としながら見たほうがいいと思います。

自由席なんてすぐ埋まっちゃうんじゃないの?と疑問を持った方もいると思いますが、2022全米オープンの3回戦~4回戦あたりを見に行った筆者的には、自由席が埋まることはないかと思います。人気選手のsinnerがシングルスをした時ですら20%程度空きがありましたし、何より他のコートの試合を見に席を立つお客様もいるので割と席の入れ替わりが激しいです。

とはいえ心配な方はルイ・アームストロングスタジアムの指定席を取るのが安全です。またイブニングセッションを見に行く際には自由席は販売しないので指定席を取る必要があります

各スタジアムの自由席と指定席

 

デイセッションとイブニングセッションの違いは?

デイセッションはその名の通り、日中11時から7時までの試合を見ることができるチケットです。イブニングセッションとはその逆に7時以降の試合を見ることができます。

3回戦を見に行ったときには、日中はすべてのコートを使って様々な試合が行われるので、興味のある選手だけを見て回ることができましたが、イブニングにはアーサーアッシュスタジアムとルイ・アームストロングスタジアムだけが試合を行っていました。いろいろな選手を見て回りたい方にはデイセッションがおすすめです。

 

チケットの買い方

チケットは基本的に格安で買う方法とかはないので、公式サイトから買いましょう。

英語ですが、頑張ってください

https://www.usopen.org/en_US/tickets/individual_tickets.html

 

会場には何時から入れる?

会場自体には試合開始の1時間前から入ることができますが、試合が行われるのは11時から、7時からとなります。その間にお土産を買うなりご飯を食べるなりできます。イブニングの場合、前の試合が長引いていたら開始が遅れます。筆者の時には45分程度長引いて待つことになり、結果として最後の試合が終わったのが夜2時ごろでした。

 

まとめ

全米オープンは現地で見るのが最高です。

ちょっとチケットの値段は張りますが、行く価値があります。

チケットの違いを知って、観戦を楽しんでください!

 

【参考】サインをもらう方法は?

狙い目なのがコート17や試合用コート4~16で行われる試合です。キャパシティが少なく(競争相手が少なく)、全席自由席なのでサインをもらいやすい場所に移動することができます。タイミングとしては試合が終わった後に選手が退場するときに、選手ベンチ側の最前列に行けば高確率でもらうことができます。筆者はサインペンを忘れるという痛恨のミスをしたのでサインはもらえませんでしたが、選手と一緒に写真を撮ってもらいました。

 

【参考】オフィシャルグッズ

4大大会だけあって、オフィシャルグッズにもかなり力が入っていました。

こちらの記事でまとめています

 

【参考】持ち込める荷物は?

こちらの記事でまとめています

 

【参考】日本人選手は?

こちらの記事でまとめています

 

 

【参考】草トー情報

せっかくなので見るだけじゃなくて大会に参加してみてはどうでしょうか?

こちらから各地域の草トー情報を確認できます。

特定の時期しか草トーがない地域もあるので、応募時期を逃さないようにしましょう

人気記事はこちら 

 

【参考】おすすめラケット情報

近年ラケットの性能はどんどん上がっています。様々な特徴を持ったラケットがありますので、この機会に自分のテニススタイルに合ったラケットを捜してみてはいかがでしょうか

人気記事はこちら 

 

【参考】おすすめガット情報

ガットもラケット以上にプレーに影響を与えるテニスアイテムです。

こちらではプレーをサポートするオススメガットを紹介しています

自分のプレースタイルに合ったガットを探している方は見てみてください。

人気記事はこちら 

 

それでは今回はここまで。