くまトリップ

役に立つ旅行情報とテニス情報を発信

MENU

全米オープンテニス2022観戦|オフィシャルグッズが格好良すぎた【レビュー】

このブログではオススメ商品を紹介することがあります。最安値の商品に飛ぶリンクを表示させる場合はAdblockを一次的にOFFにしてください

てにs



 

今回は

2022年の全米オープンのオフィシャルグッズ

を紹介します!


アメリカに滞在していたので、現地でUSオープン2022テニスを観戦してきました。

プロたちのスーパープレーを生で見た感動を書くのは別の記事にして、今回はオフィシャルグッズの紹介をします。

4大大会だけあってグッズにもかなり力が入っていたので、ついたくさん買ってしまいました。

 

 

 

 

全米オープンとは

全豪オープン、全仏オープン、全英オープンに並ぶ、4大テニス大会(グランドスラム)の一つが全米オープンです。世界中のテニス大会の中でも最もレベルが高いカテゴリであり、良い成績をとることで世界ランキングを大きく押し上げることができます。

 

2014年に錦織圭選手が準優勝、2018年と2020年に大坂なおみ選手が優勝したのもこの全米オープンです。

 

会場は?

アメリカ、ニューヨーク州で開催されます。ニューヨークはアメリカの東海岸側にあります。

 


会場はUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンターといいます。

ニューヨークの中でも最も栄えているマンハッタンとニューヨークを訪れる際によく使われるジョン・F・ケネディ国際空港の間のような位置にあります。

 

オフィシャルグッズストア

会場には多くのグッズストアがあります。USオープン公式のグッズストアである「USopen essencial」が4~6店舗に加えて、スポンサー企業の「ラルフローレン」「ウィルソン」「Tennis Point」などもグッズを販売しています。

USopen essencialsのグッズ
Wilson(左)とTennis Point(右)のグッズ



USopenのオフィシャルグッズは公式サイトから注文することもできます。

US Open Shop | Official USTA Store | US Open Tennis Gear

自分はお土産大好き人間なので、行く前からこのサイトを見て目星をつけていました

 

 

オフィシャルグッズの紹介

個人的にイチオシなのがアンダーアーマーのキャップです。USオープンのマークとワンポイントのアンダーアーマーのロゴが格好いいです。一つ38ドルですが、会場の中では良心的な方の価格。

UnderArmourのキャップ

こちらは全米オープンの歴代優勝者の名前が入ったコップ。男女のシングルスだけです。これはセンスがいいうえに、誰でも使いやすいのでお土産にぴったりですね。割れにくい硬めのプラスチックが使われてます

歴代優勝者の名前入りグラ

まだ袋から出していないので写真は撮れなかったですが、こんなTシャツも買いました。36ドル。

Tシャツ


続いてはラルフローレンのリストバンド。2つ入りで38ドルと高い。。。

会場ではボールボーイが両手にこのリストバンドをしてて格好良かったのでつい購入。

テニス友達へのお土産としてもぴったりです。

ラルフローレンのリストバンド

ロゴ入りピンバッジ。USオープンがピンバッジを推していたのか、10種類以上のピンバッジが売っていました。正直いいデザインのものがあまりなかったので一つだけ購入。10ドルです。

ピンバッジ

個人的なお気に入りがナップサック。テニスをするときに普段使いできそうなデザインです。会場ではバッグが禁止だったので、このナップサックを購入している人も多くいました。

ナップサック


まとめ

全米オープンは現地で見るのが最高です。

ちょっとチケットの値段は張りますが、行く価値があります。

 

【参考】草トー情報

せっかくなので見るだけじゃなくて大会に参加してみてはどうでしょうか?

こちらから各地域の草トー情報を確認できます。

特定の時期しか草トーがない地域もあるので、応募時期を逃さないようにしましょう

人気記事はこちら 

 

【参考】おすすめラケット情報

近年ラケットの性能はどんどん上がっています。様々な特徴を持ったラケットがありますので、この機会に自分のテニススタイルに合ったラケットを捜してみてはいかがでしょうか

人気記事はこちら 

 

【参考】おすすめガット情報

ガットもラケット以上にプレーに影響を与えるテニスアイテムです。

こちらではプレーをサポートするオススメガットを紹介しています

自分のプレースタイルに合ったガットを探している方は見てみてください。

人気記事はこちら 

 

それでは今回はここまで。