くまトリップ

役に立つ旅行情報とテニス情報を発信

MENU

グレゴリーのカバートソリッドデイ徹底レビュー|サイズ感や機能は?

人気ブランドグレゴリーのカバートソリッドデイは、スタイリッシュなデザインと優れた機能性が特徴のリュックです。特にビジネスシーンや日常の通勤、出張で活躍し、スタイリッシュさと実用性を兼ね備えたリュックを求めるメンズにおすすめです。

この記事では、カバートソリッドデイの機能を徹底レビューします。

グレゴリーのリュックを3種類持っている筆者が紹介します!

 

 

 

筆者のおすすめ度

機能 ★★★★★
収納 ★★★★
デザイン ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

高い耐久性と実用性を兼ね備えており、多くのシーンで活躍します。多くの収納スペースがあり、ノートパソコンや書類、小物類を整理して持ち運ぶのに非常に便利です。

スタイリッシュさと実用性の両方を求めるビジネスマンにおすすめです。

 

カバートソリッドデイのデザイン紹介

正面デザイン

カバートソリッドデイの正面デザインはシンプルで洗練されています。無駄な装飾がなく、控えめなロゴがあしらわれており、ビジネスシーンでも違和感なく使用できます。

正面デザイン

裏面デザイン

裏面には、背中にフィットするクッションパッドが施されています。これにより、長時間背負っていても疲れにくく、快適な使用感を提供します。また、通気性の良い素材が使われており、蒸れにくい設計になっています。

背面デザイン

側面デザイン

側面はスリムでコンパクトなデザインが特徴です。片側にはサイドポケットが配置されており、もう片側にはサイドジッパーポケットが付いています。

サイドジッパーポケットには小銭や貴重品を安全に収納でき、見た目もすっきりしています(後程説明)。

側面デザイン

機能紹介

メイン収納

メイン収納は大きく開き、効率的に荷物を収納できる設計です。中には書類や本を分けて収納できるサブポケットが複数あります。

メイン収納

背面側には、A4サイズの書類やファイルを収納できるスリーブがついています。

スリーブのフロント側には、手帳や本を収められるポケットがついています。

メインスペースには2Lペットボトルが横に三本入り、見た目よりも大容量です。

フロント側には、大きめのジッパー付きメッシュポケットが備わっており、本や雑誌を収納できます。

メイン収納

前面ポケット収納

前面ポケットにも細かい仕切りがあり、小物を整理しやすい構造になっています。スマートフォンやモバイルバッテリーなど、すぐに取り出したいアイテムを収納するのに適しています。

フロントポケット

PC用コンパートメント

背面には、止水ファスナーを使用したPC用コンパートメントがあります。濡れては困るノートパソコンやファイルを安全に収納できます。15.5インチまでのPCを収納可能です。

背面ポケット

サイドポケット

サイドポケットは、ドリンクボトルや折りたたみ傘など、外出時にすぐに取り出したいアイテムを収納するのに便利です。

サイドポケット

貴重品用サイドジッパーポケット

反対側には、安全に収納したいアイテムを保管するのに最適なジッパーポケットがありあります。鍵や貴重品、小銭など、すぐに取り出したいが紛失したくないアイテムを収納できます。

貴重品用ジッパーポケット

おすすめポイント

おすすめポイント①洗練されたデザインと丁度いいサイズ感

カバートソリッドデイのデザインは、シンプルで洗練されています。ビジネスシーンにふさわしいシンプルなデザインでありながら、日常使いにも適しています。無駄のないクリーンなラインと控えめなロゴが特徴で、どんなシーンでも違和感なく使用できるのが強みです。

おすすめポイント②ジッパー付きマルチケース

ジッパー付きマルチケースは、細々としたアイテムを整理するのに役立ちます。

正面にはグレゴリーのロゴが入っています。

ジッパー付きマルチケース

ケーブルやアクセサリー類をまとめて収納できるため、荷物の中が散らかりにくくなります。ケーブル類を持ち運ぶことの多い通勤通学や、旅行におすすめです。

ジッパー付きマルチケース

リュックのフロントポケットやメッシュのサブポケットにちょうど収まるサイズ感です。使わないときは家においておくこともできるので、好みによりますね。

マルチケースのサイズ感

おすすめポイント③サイズ感

カバートソリッドデイは容量が24リットルという程よいサイズ感が魅力です。大きすぎず小さすぎないサイズで、様々な場面で使いやすく、持ち運びも楽です。

丁度いいサイズ感(身長178cm体重68kg

欠点

欠点①リュック中心からヘタレることがある

前面ポケットに何かいれていると、リュックが真ん中から折れやすくなります。リュックが安定せず、型崩れしてしまうため、前面ポケットには荷物を入れすぎないのが良いです。

へたれることがある

検証:どれだけ荷物が入るか

せっかくですので限界まで収納してみます。

  • メイン収納:バスタオル、ジーンズ、シェフパンツ、シャツ2枚、パンツ1枚、靴下1足、雑誌1冊、NHK語学テキスト2冊、手帳、ペンケース、ノートパソコン用電源アダプタ、ジッパー付きマルチケース(モバイルバッテリー、USBケーブル2本、モバイル充電器)
  • 前面ポケット収納: スマートフォン、イヤホン、ボールペン、消毒液
  • 背面パッド入りファスナーポケット: ノートパソコン(15.6インチ)
  • サイドポケット: 500mlのドリンクボトル
  • サイドジッパーポケット: 鍵


試したところ、アイテムをすべて収納することができました。

これらの荷物をすべて収納しても、リュックの形崩れなく、快適に背負うことができました。特に、メイン収納の合理的な設計と細かく仕切られたポケットが、荷物の整理整頓をしやすくしています。

おすすめ購入方法

現在、楽天・アマゾンで取り扱いがあります。

公式で買うよりも安く買えることが多く、実際のレビューを確認することができるので

コスパ良く買うなら楽天・アマゾンがおすすめです。

まとめ

カバートソリッドデイはグレゴリーの人気リュックです。筆者も半年以上使っていますが大変満足しており、自信を持ってオススメできます。スタイリッシュさと実用性を兼ね備えたリュックを求める男性の方にオススメです。

 

【こちらもおすすめ】がっつりビジネス寄りならローマ―デイ

よりビジネスを重視するならよりローマ―デイがおすすめです。本革を採用したシックなデザインが特徴です。

 

【こちらもおすすめ】ビジネス寄りなミニマリストならデイパックスリム

ビジネス寄りの中でも、最低限の容量を求める方にはシャトルデイパックスリムがおすすめです。15.5Lの低容量で、ノートPCやタブレット、書類の運搬に特化しています。

 

【こちらもおすすめ】「ビジネス:普段使い=6:4」ならシャトルデイパック

ビジネス寄りかつ、普段使いも重視するならシャトルデイパックがおすすめです。汎用性が特徴で筆者の一番のお気に入りです。

 

【こちらもおすすめ】「ビジネス:普段使い=4:6」ならヴォルト

もう少しカジュアルに使うならボルトがおすすめです。大きく開く大容量コンパートメントが特徴で、かさばる荷物を楽に出し入れできます。

【こちらもおすすめ】がっつりアウトドア向けならテルス

長期の旅行や登山などのアウトドアアクティビティであればノースフェイスのテルスがおすすめです。45Lの大容量と重さを感じにくくする様々な機能がおすすめです。

 

では今回はここまで。