クマの旅行日記@1年で穴場観光地100個紹介

コロナ後行きたい穴場スポット、紹介します!

MENU

【コーチが教える】テニス草トーのレベルの目安!


スポンサードリンク

f:id:yasunari7373:20210526212812p:plain

この記事では、

【草トーに参加するときのレベルの目安】を紹介します。

初めて草トーに参加する人や、いつもと違うレベルに参加する人に参考にしてもらいたいです。

 

現役テニスコーチをしている筆者が、
どれくらいのレベルが各クラスに対応するか
当てはめてみようと思います!

 

また、各レベルに参加する上での、

おすすめの練習も紹介していきます 

 

筆者の主観であること、大会ごとにレベルのばらつきがあることをご了承ください。

 

 

 

 

超ビギナー、ビギナー、初級

サーブが入って多少のラリーができればいけると思います

初心者の方向けのイベントですので、

テニス歴一年未満の方とか腕試しにちょうどいいと思います!

 

【おすすめの練習】

  • サーブ練習(下からでもいいので、7割入れましょう)
  • レシーブ練習(相手のコートに入れられればOKです)
  • ストローク練習(球出し、ショートラリー、ロングラリー)

 

おそらくほとんどのポイントがサーブ、レシーブ、ストロークですので、

それらを重点的に練習してみることをお勧めします!

ボレーに関しては、握り方が分かっていれば大丈夫です!

 

また、初めて草トーに参加される方は、

ルールや、試合形式をしっかり確認していきましょう

 

 

初中級、中級

サーブを入れられて、ロングラリーが10ラリー以上続けられれば問題ないと思います。

平行陣する人はほとんどいない印象です

テニス歴1-3年くらいの人にあってると思います!

 

 

【おすすめの練習】

  • ロングラリー(10ラリー以上続けましょう!)

  • ポーチ練習(出るタイミングを練習!)

  • レシーブ練習(スライスサーブを返せるように!)

 

長いストローク戦ができる人が増えてくるので、

ロングラリーの練習をしておきましょう。

また、ダブルスではポーチに出れるか出れないかが、

勝ち負けを分けるポイントになるので、

ポーチに出るタイミングを練習しておきましょう。

 

 

 中上級、上級、オープン(景品なし)

サーブが強い人が増えてきます、コースもつかれます

ラリーでミスしないのはもちろん、ほぼみんな平行陣とかしてきます

決勝とかいくと実業団の人と当たることも。

テニス歴4~6年くらいあればいけると思います

 

【おすすめの練習】

  • リターン練習(早いスライスを返せるように!)
  • 平行陣対策(沈めるストローク、ロブ、ショートクロス、ボレーボレー)
  • ボレー&ストローク

 

早いスライスサーブや、スピンサーブを打たれることが多いので、

ひきつづきリターンの練習をしておくとよいでしょう。

 

また、平行陣をしてくる人が増えてくるので、

平行陣対策をしておくとよいかもしれません。

具体的には、足元にストロークを鎮める練習、

適度なタイミングでロブを打つ練習、平行陣対平行陣など

をしておくと、いい試合ができると思います。

 

 

オープン(景品あり)

難易度が跳ね上がります。地獄かな?
筆者はこの前、優勝景品がディズニーチケットのミックス大会に出たところ、ボコボコにされました。

全員テニスコーチ以上のレベルで、学生時代インハイ行ってました、みたいな社会人が集まってるイメージです
テニス歴10年~くらいいりそうです
このレベルにいきなり参加するのはやめた方がいいかもしれません。

 

 

【おすすめの練習】

  • 平行陣対平行陣
  • サーブアンドボレー
  • ドロップボレー

とにかく全ての打球の質を上げましょう。

 

 

市民大会

オープン(景品あり)でも物足りない方は、市民大会に出てください
各地域の腕に覚えのある人が集まっています


もちろんレベル分けされているので、

BクラスやCクラスであれば初心者、中級者も参加できます!

 

 

(参考までに…)
筆者は高校時代からテニスを始めた大学院生テニスコーチです。
テニス歴8年くらいですが、オープン(景品なし)くらいがちょうどいいです

 

 

まとめ

この記事では、各レベルの目安と、おすすめの練習法を紹介しました。

  • 初級=テニス始めたて~1年前後
  • 中級=テニス歴3~5年
  • 上級、オープン =6~10年

くらいのイメージで思っておいてください!

 

また、こちらの記事では、関東地域のおすすめの草トーをまとめているので

参加したい方は是非見てみてください!