クマの旅行日記

旅行やテニス、留学情報を気ままに発信

MENU

【ヒッチハイク】スタート地点の選び方を徹底解説【最新版】


スポンサードリンク

 

f:id:yasunari7373:20210518134415p:plain


こんにちは、大学生ヒッチハイカーのクマです。
茨城⇔三重のヒッチハイクや、四国、東北でもヒッチハイク旅をしました。

この記事はヒッチハイクのスタート地点の選び方、乗せてもらうコツを徹底解説します!

 

最初のハードルが高いヒッチハイクですが、ポイントを抑えれば誰でも始められますよ~

 

 持ち物や事前の準備は以下の記事でまとめていますので、良ければどうぞ!

 

 

 

スタート地点はSA、PAがベスト!

結論からいうと、僕がオススメするのはパーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)からのスタートです

理由は、以下の二点です。

①車どおりが多く、目的地方面の車を見つけやすいから。

②直接話しかけて交渉できるから

それぞれ説明します!

 

理由①車どおりが多く、目的地方面の車を見つけやすいから。

ヒッチハイクでは、自分の設定した目的地と、通行車の目的地が同じ方向であることがとても大切になります。(田舎の地域だと、目的地が反対方向でも乗せてくれる心優しい人がいますが、それは相手にも迷惑が掛かってしまいます)

 

SAやPAでヒッチハイクをすることのメリットは、自分と同じ目的地の運転手さんを見つけやすいことです。

もし東京から大阪まで行きたいのであれば、東京から大阪につながる高速道路上にあるPAやSAで待機しましょう!そうすると、東京から大阪へ向かいたい車を見つけることができるので、乗せてもらえる可能性が高まります

 

理由②直接話しかけて交渉できるから

通行者からしてみると、ヒッチハイカーは怪しくて不審な存在です。

事件に巻き込まれるリスクや、自分の時間を使うリスクを取ってまで乗せてくれるのは相当に親切な人だけです。

 

 

そのため、実際に会話してみて「大丈夫そうな人だ」と証明してあげることが効果的なポイントになります。

SAやPAでは休憩のために降りてくる方が多いので、笑顔で挨拶したり、スケッチブックを見せながら会釈したりして礼儀正しさをアピールしましょう!

相手の警戒心が薄れれば、「どこ行きたいの?」「ここまで行くけど乗る?」みたいにはなしかけてくれたりします

 

会話をすることで地元の情報を手に入れたり、差し入れをもらうこともできます! たくさん話しましょう♪

 

SAやPAの見つけ方

結論は、Google Mapを使うのがおすすめです。

具体的なやり方として、自分の家周辺のPA,SAからスタートする場合を紹介します。

やり方としては

1,目的地を検索し、有料道路を含めてルートを表示します

2,高速道路を使ったときのルートを確認します

3,でてきたルート候補ごとに、高速道路に乗り始めるPA,SAを確認します。

4,その中から、自分が自力で行けそうなPA,SAを選びます。

5,選んだPA,SAをブラウザ(google chromeやmicrosoft edge)で検索し、徒歩で入場可能か確認します。「○○SA 徒歩」などで調べます。入場可能ならそこで決定。不可ならまた4に戻ります。

 

今回のポイントは、下道から徒歩で入れるPA,SAを探す所です。

ホームページを見たときにこんなマークがあるかチェックしましょう!

f:id:yasunari7373:20210517184306p:plain

意外と徒歩で入れるところが多く、例えば海老名SAなども徒歩で入場することができます。そこから入れると後は楽です!

 

徒歩入場可能なSA,PAが見つかれば方法はなんでもいいですよ~

 

 

近くにSAやPAがないときのおすすめ4選

筆者の結論は、交通量の多い道でスタートするのがおすすめです。

(交通量が多すぎると逆に乗せてもらえませんが、これは別の記事で紹介します)

乗せてもらう確率を上げるポイントが4つあります

 

 

信号の前

4つのポイントの中で一番効果的です。

赤信号で車が止まることで、必ず一度はスケッチブックを見てくれます

運転手側からしても、乗せるか乗せないか検討しやすいので、乗せてもらえる確率が高まります。

「困ったときは信号前!!」が原則です!

 

 

②自分のいるところが栄えていないときは、自分の目的地を近場に設定する

遠出する車が見込めないときには、目的地も近くしてあげる必要があります。

目的地方面の「中間地点」や、一度SAやPAを目的地に設定するのも効果的です。

とりあえず高速に乗る、くらいで考えたほうが、そのあとのヒッチハイクがやりやすくなると思います。

 

車が止まるスペースのある広い道路

運転手さんからみて、「乗せてあげたいな」と思っても、止まる場所がなければ乗せてもらえません。

自分の前後にどこか止まる場所があることが大切です。

具体的にはコンビニがあったり、道路の白線から縁石までのスペースが広い道を選びましょう。

 

今自分がいる地域の人が遠出するときに必ず通る道

地域には、遠出するときに必ず通る「主要な道」があります。

自分のいる地域の「一番栄えている所」を出発点、「自分が行きたい所」を目的地にしてルート検索した時に、必ず通る大きな道を選ぶようにしましょう

なるべくそこで待ち構えられるようにすれば、乗せてもらいやすくなります。

 

 

 まとめ

・スタートは徒歩入場可能なSA、PAがおすすめ

・SA以外なら、信号前が狙い目

・交通量が多い道を意識しよう

 

では、今回はここまで

👇ぽちっとお願いします! 感想、コメントもお待ちしています!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村