クマの旅行日記

旅好き大学生のヒッチハイク、留学体験談

大学生バイトが販売促進キャンペーンを1から企画した話【スタート】

旅行禁止を謳っていた僕ですが、この土日にサークルの旅行に行ってきました
久しぶりの旅行はいいですね😊 2日とも快晴だったから江ノ島の海とか、御殿場?の夜景とかめっちゃ綺麗で最高でした🙌
お酒も心なしか美味しかった気がします


とは言っても2日間も休んでしまったため、今日からはまたいろいろ頑張らなきゃです!時間足りなすぎる…


今回は僕がバイト先で販売促進イベントを任された話をします!1ヶ月間考えに考えて、昨日ようやくイベントがスタートしました、もうハラハラですよ笑笑😅

まだ結果も途中経過も出ていませんが、販売促進企画を1から始める手順を紹介します‼️

1 目標を立てる

キャンペーンとなると具体的なキャンペーン内容だけ先に考えちゃうのがよくあるミスだそうです、企画する際にはまず具体的な目標を設定することが大切です

今回は売り上げ2倍を目標にしました‼️

2 狙う客層を決める

誰でもいいから売りたい、全員に買ってほしいと言うのはあんまり効率的じゃないみたいです。販促イベントでは誰に何を売るかが大事ですので、売りたいのが子供か大人か、女性か男性か、常連か初めて買う人か、など具体的なターゲットを決めましょう

今回は女性で初めて買う人をターゲットにしました


3 期間を決める

目標とターゲットが決まったら次は実施期間を決めましょう。キャンペーン前後の売り上げの変化がわかるようキリのいい期間が良さそうです

今回は12/1-12/31の1ヶ月間です



4 イベントを通して伝えたいメッセージ

イベントにお客様へのメッセージが入っているとイベント内容にも一貫性が出てきます。

今回売る商品はテニスのガット(糸)だったので『糸を張り替えることでラケットをカスタムする楽しみを知ってほしい』というメッセージを込めて企画をします

これを実現するための具体的な内容は、張り替えた時にグリップテープ無料or3ヶ月以内に張り替えたら手数料無料です!女性とか、ガットとグリップで色揃えたりカラフルにして喜ぶイメージだけど、どうなんでしょう笑笑


5 客単価を調べる

次に今までの購入のデータから、1人あたり何円くらい買っているのかを調べます。今のお客さんの動向が入った適切な期間のデータを取ることが大事です
また客単価=購買点数×商品単価に分けて考えるといいです。

バイト先のお店でも、会員さんは辞めたり入ったりしているので、今回は直近1年間のデータを取りました



6 客数を調べる

客単価と同時にこのデータをとります。1ヶ月あたりのお客さんの数を調べて、何月に客が多いか、などの傾向をとります。

客数と客単価が求まると、目標に向けて具体的にいくつ商品を売ればいいかが決まります

僕の場合は1ヶ月で53個の商品を売ることが目標になりました。目標が明確になると、そのためのキャンペーン内容も考えやすくなります


7 オファーを考える

イベントをするからには告知方法はめちゃめちゃ大事です。人に宣伝を協力してもらったり、他の企業にオファーしたりしましょう。

今回はバイト先のみでのイベントなので、オファーもバイト先の職員に手伝ってもらったくらいです



8 広告の打ち方、告知の仕方を考える

1番大事です。広告と言っても種類は様々で、チラシ、カード、ポスター、HP、メールなどたくさんあります。イベントにあった告知方法を選びましょう。

今回はA4サイズのポスターを制作しました。パワポのテンプレから、配置の仕方とかデザインの仕方を真似して作るとまあまあそれっぽいのができます!
細かい方法は『広告 パワポ』とかで検索してください


パワポです、デザインセンスないのは許してください…
これをラミネート加工すると…

艶が出て何となくいい感じ!



(プラスα)アンケートを作る

余力が有れば、今回のイベントに関してアンケートを作りましょう。イベント後の分析に役立ちます。イベントでは何らかのサービスをするわけですので、お得感があるか、イベントのどこが良かったか、商品の種類はどうか、値段はどうか、要望や意見はあるか、入荷してほしい商品はあるか、など次に活かせる項目を聞きましょう。


僕も作ってみました。これもネットにテンプレが載ってるので項目をいじるだけです。『アンケート テンプレ』で検索しましょう。
キャンペーン内容であるガット張り無料チケットも『チケット テンプレ』で出てくるものをいじって作りました!



⚠️気をつけること

キャンペーンはお客様の利益を考えて行いましょう‼️例えば店長のこだわりの内部事情を推してもお客様目線どうでもいいですよね。あと在庫処分とか不要なものの販売もよくないです。
お客様目線に立ってお客様の求めるものを提供できるようにしましょう。


今回の記事はここまでです。
12/2に書いた記事ですが、夜の時点で早速6本の注文がありました😊😊
53本の目標を達成できるよう祈ってます🙌
それでは!


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村