クマの旅行日記

旅好き大学生のヒッチハイク、留学体験談

少数派理系大学生が就活してる話


就活始めて1ヶ月半。どうもクマです


突然ですが
理系の大学生ってどれくらい院進するのでしょうか?

調べてみたら、理学、工学系の大学生は4割が院進らしいです。結構多いです。

さらに、大学とか専攻によっては院進が大多数のとこもあります。うちの大学は思いっきりそっちです。そうすると、就活してる人が浮いちゃうんですよね笑


今回はそんなマイノリティーの理系大学生が就活をしてるお話です。

〜あるあるなお話〜
私の学科は8割が院進なので、「就活してる」って言うとよく『院行かないの?』って聞かれます

率直に言うと院は多分行きます
でもこれを言うと『なんで就活してるん?笑笑』って返ってきます

『良いところに受かったら就職する感じ?』
『就活失敗したら院進するとか?』

よく言われます。その考えもわかりますが、私的には、就活をすること自体に意味があると思うんです



例えばですけど、院進と就職の二つの選択肢があるのに、片方を調べもせずに決断しちゃったら流されてるだけじゃないですか。主体性なくないですか?どうせなら私は、両方満足いくまで調べてから、一方を選択したいです。

もひとつは、社会を知ったり、自分を分析しておくことって就活に限らず必要じゃないですか?ってことです。早い段階でそれを知れたら、将来就活するときも有利ですよね。あと単純に残りの大学生活を何に使うべきなのか、自分の中で絞れてきますよね。



つまり、僕の中で就活は自分を成長させるモノとして捉えています。これって変なんですかね?笑



最近はすごいメンターさんとかに応援してもらって、やる気も出たりするのですが、就活全く見る気がない人との温度差を感じて1人で、あれ?ってなることも多く、よくわかんなくなりますね笑


どれが普通とか普通じゃないとか、そういう選び方をするつもりはないですが、周りと違うことをする事ってなかなかしんどいことも多いなあっておもいます。





あと今日言われた事ですが、
『院進するなら、三年秋の1番時間がある時に就活するのってもったいなくないですか?やりたい事する時間に使えば良いのに』

なるほどなあ。って思いました。
この考え方はすごくいいですよね、大学の時間を何に使うか考えてる人なんでしょうね


留学とかボランティアとか、大学でしかできないよってことをやるのももちろん素晴らしいとおもいます。でも結局は何のためにそれをするかが大事じゃないですか?


視野を広げたい
コミュニティを広げたい
人と違ったことがしたい
そもそも興味がある
いろんなモチベがあるとおもいます。そしたら、就活だけ仲間外れにはならない気がします


やりたい事が自己成長で、それを叶えるために就活がいいと思ったなら、就活でいいじゃないですか。

自己分析して自分に足りないものを知ったり、社会で求められる人材像を知れれば、自己成長も捗りますよね。



はい、今回は就活への考え方を書かせてもらいました。
周りに同じ立場の人が少なくて難しいことも多いですが、なんとかやっていこうとおもいます、よければ応援してください!
それではまた👋

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村