クマの旅行日記

旅好き大学生のヒッチハイク、留学体験談

テスト期間でも絶対寝坊しない睡眠術

 
冬って布団でうとうとしちゃいますよね⛄️
朝あったかい布団で十度寝くらいしたり、
タツで寝落ちとかも最高です😊


だけどそうも言ってられなくなりました
⚡️もうすぐテスト期間です⚡️


テスト期間といえば文字通り寝る間を惜しんで勉強せねばなりません。今まで勉強してなかったツケを精算する言わば借金返済です

そんな時に気をつけねばいけないのが不慮の寝落ちです。これは事故みたいなもんです。防ぎようがありません。僕の周りでも何人かこれに泣かされた人がいます

なので「寝坊してテスト受けれなかった!」って事がないためにも、最低限の睡眠をしておくことをお勧めします

今回の記事は、朝寝坊せずにすっきり目覚めるための方法を紹介します。 あと、おまけで僕が21年の人生を通して気づいた最高にコスパの良い睡眠を紹介します。科学的根拠はないです

自己覚醒法

さっそく胡散臭いのが出てきましたね

これは『理想の目覚め方』を基に、最も自然に早起きできる方法です
人間にはもともと自己覚醒能力という、自分の起きたい時間に起きれる機能がついています

そしてこの能力は起きる時間を強くイメージするだけで発揮できるそうです。寝る直前にイメージすることです、体内時計を調整する機能が働きます。そして起きる時間になるとホルモンが生成され、目覚めてすぐ活動できるようになります。

皆さんもテストの日に目覚ましをかけ忘れたけど自然と目をさめた経験とかありませんか?
僕はあります。ただのラッキーかと思ってましたが、こんな仕組みがあったんですね🤔


「絶対起きれる」という思いが強ければ強いほど起きれるそうなので、自己暗示しまくってから寝てください


睡眠の質を上げる

睡眠の質が上がれば、短時間の睡眠でもすっかり回復できます。今回は具体的な方法をサラッと紹介します

食生活を見直す
消化の関係上、夕食は寝る3、4時間前に食べましょう
太陽の光を浴びる
体内時計をリセットし、目覚めを良くしてくれます
寝る前にブルーライトを見ない
寝る前にスマホとかテレビをみると、睡眠の質が下がる事が研究から示されています
寝る1時間前にストレッチ
軽い運動で血流を良くし、体温を上げておくと眠りにつきやすくなります

(↑の引用元)
眠りの質を改善!理想の睡眠時間とショートスリーパー

一度だけ二度寝する

二度寝はよくないもの』というイメージがありますが、一度だけならむしろすっきり起きるのに効果的らしいです。

二度寝の際には抗ストレスホルモンが放出され、目覚める準備が行われます。また、脳内麻薬の一種であるエンドルフィンが放出されストレスを軽減します。

このため、二度寝をする事ですっきり起きれるんです。ただし、二度寝で深すぎる眠りに入らないよう、5分だけという制限をつけることも大事です。

(↑引用元)
ショートスリーパーになるために、身に付けたい簡単な4つの技術 | ライフハッカー[日本版]


交通機関でうとうと

ここから僕の実体験コーナーです🙄🙄
みなさん、電車やバスの中でうとうとしたことはありますか?実はこれがなかなかコスパ良い睡眠だと思うんです

交通機関でねると、5分10分の居眠りで眠気を取る事ができます。そして、起きた後は自分の降りる場所をすぎてないか、急いで確認するため目覚めも最高に良いです

睡眠時間当たりの眠気解消の比率が非常に高いと思うので、テスト期間はぜひ電車で寝てください。


図書館で寝る

僕が愛用するテクニックです。
つまり、机に突っ伏して寝てます
図書館で寝るメリットは、1時間未満で必ず目が覚める事です。
やってもらえればわかるんですけど机の上は熟睡できる環境じゃないので、必ず1時間未満で目が覚めます
そして、ある程度の眠気を解消できます。

なので、勉強中に死ぬほど眠くなったら迷わずその場で寝ちゃいましょう。どうせすぐ起きれるんで。


いかがだったでしょうか。
123番はだいぶ実用的なテクニックですね!
45番は僕の実体験ですが、なかなかオススメですよ!死ぬほど追い詰められたときは使ってみてください!

良ければ他の記事もどうぞ👇
🍁磐梯山の紅葉が最高だった話(2018年) - クマの旅行日記



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村