クマの旅行日記

旅行やテニス、留学情報を気ままに発信

MENU

メルカリvsブックオフ、本を売るならどっちがいい?【比較】


スポンサードリンク

メルカリ, ブックオフ

この記事では、

本の買取についてメルカリとブックオフの比較をします。

 

メルカリで220冊の本を売った筆者が、

①買取価格
②売るときの手間(所要時間)

の2つを比較します。

 

結論から言います。

メルカリで売る方が断然高値で売れる

売る際の手間はブックオフの方が少ない

 

実際に両方で本を売ってみたので、体験談を紹介します。

 

 

 

メルカリに関して、他の記事も書いているので、良ければ読んでください

 

ブックオフで売ってみた

筆者は人生で初めてブックオフで買取をお願いしました。

売ったのはこちら。

本15冊です。

f:id:yasunari7373:20210822180257j:plain

詳しい内訳は、

マンガ12冊、ライトノベル1冊、小説1冊、ビジネス本1冊です。

 

中途半端な数の漫画はメルカリだと売れにくく利益も出ないため、

ブックオフで売ってみました。

 

 

果たしていくらになったか、、、

結果はこちら!

f:id:yasunari7373:20210822180307j:plain

78円!!!
正直、100円は行くと思ってた。。

 

よく見てみると、15冊のうち、お金になったのは5冊のみでした。

マンガのほとんどはお金にならなかったようです。

 

また、買取価格はかなり厳しめです。

一番高かったのは小説で30円。

一番低いのはマンガで1冊6円です。

 

メルカリで売ってみた

筆者はメルカリで本を220冊程度販売しています。

業者じゃないですよ、ただの読書好きです。

今回は、販売した220冊で、利益がどれくらい出たか計算してみました。

f:id:yasunari7373:20210822175912p:plain
f:id:yasunari7373:20210822175926p:plain
販売した本の一例

 

販売している本は主にビジネス本とマンガ全巻セットです。
ビジネス本は、新しい本を買って、値段が高いうちにメルカリで売っています。

マンガは中古で買った全巻セットを売っています。

 

今回は

収益=(販売価格)ー(メルカリの販売手数料10%)ー(送料)

として計算しました。梱包資材代は計算に含めませんでした。

 

それでは結果を見ていきましょう!

f:id:yasunari7373:20210823124022p:plain

 

メルカリは1冊当たり260円の収益となりました!!

中でもビジネス本は一冊当たり765円と高いです

 

買取価格の比較

f:id:yasunari7373:20210823123849p:plain

最終的な結果はこちらになります。

買取価格でいうと、

メルカリが圧倒的に優れています

 

売るときの手間の比較

結論から言うと、

ブックオフの方が楽に売れます

 

メルカリは「出品→梱包→発送」を出品者が行う必要があるので、

こまごまとした手間がかかります。

 

ブックオフは、「本を店にもっていく」だけです。

手間というと移動くらいでしょうか。

買取価格審査は込み具合にもよりますが、5分程度でした。

また、待っている間は中古本を立ち読みすることもできます。

ブックオフは必要な手間が少ない、というハードルの低さが魅力ですね。

 

 

 

結論:利益目的ならメルカリ、楽に売りたいならブックオフ

出品で利益を上げたいならメルカリ

なるべく手間をかけずに売りたいならブックオフ

目的に合わせて使い分けるのがおすすめです。

では今回はここまで。

 

  👇ぽちっとお願いします! 感想、コメントもお待ちしています!

  にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村